Archive for the 'ノルウェーでの生活' Category

30th 5月 2006

共産主義と浴衣

浴衣と共に、旧ユーゴを目指す

今でも1日1通は必ず、オスロ大学の同窓のメーリングリストからメールが入ります。
最近、気になる出来事、「モンテネグロ」が「セルビア」から独立したこと。
これについて、クラスでも目立って優秀だった「セルビア」のゴラナがこうメールをしました。
Yes, the people of Montenegro voted in favour of the independent state.
The feelings are mixed. Some are sad thinking that Montenegrin people are
very close to the Serbs, some think it is a good idea and that we should be
separated. Like in every case, pro and contra.
I cannot avoid saying that I wish all the separations in the Balkans had
happened in the same way – referendum, the will of people and a peacefull
manner of implementing that.

私が専攻したIRクラスには、ゴラナを含め約20名の旧ユーゴスラビアの学生がいました。
泥沼の内戦をした旧ユーゴスラビア。その若者のたちに、ノルウェー政府が奨学金を出し、一緒に学ばせることにより、戦争のわだかまりをなくそうとしているようです。
IRクラス「国際関係と外交政策」はまさにぴったりの学科だったのでしょう。
クラスが始まった当初、彼らの中で緊張感が走ることもありました。しかし、だんだんと、打ち解けていきます。同じ言葉を話し、文化も酷似、生まれた当時は、同じ国民だった。
共通点が多ので、コミュニケーションが始まれば、仲良くなるスピードは速い。

「クロアチアとセルビアの国境を渡りたい」

殺戮をしあったこの国のボーダーを渡る。
戦争の傷跡を見ることは、私のように平和な生活しか知らない者にとって何かを与えてくれるのかもしれない。
オスロ大学が終わった後、私は旧ユーゴスラビアを目指すことを一人決めます。

私の家に泊まればいい

たくさんの友人はいたものの、彼らの家に泊めてというのは気が引けていました。
でもどこからから私がクロアチアに行くと聞きつけたのか、
クロアチアのオルキデアが、夕食後私の部屋を訪ねてくれます。
そして
「香保利。ホテルなんてとることはない。うちに泊まって。私の部屋を使ってね。私は居間で寝るのが好きなんだ」
まだ19歳の彼女気を使いつつ、言葉を選んで、家に泊めてくれることを勧めるのです。
その後、あらかたの旅行日程を決めると、どこからも「うちに泊まればいい!」という声をかけてもらいました。
エストニア・ラトビア・ポーランド・オーストリア・ハンガリー・クロアチア・セルビア・・・・
ホテルに泊まったのは、実にスウェーデン・ドイツのみ。
不思議なことに旧共産圏の人々の方が、私が家に泊まりに行くことをすごく勧めてくれるのです。
何か泊っている間、お礼になるをしたい。
物を送るのではなく、私の気持ちをわかってもらうもの。なんだろう?
長距離バスや夜行を乗る貧乏旅行。
どんな旅行にことになるか分からなかったので、荷物の殆どをダイアナに託します。
それでも2枚の浴衣だけは、カバンにいれました。
「泊った先で、浴衣を着せてあげよう」と。
(オルキデア クロアチアで一番いい大学の特待生。将来は弁護士が約束されている。でもね、泣くのですよ「生まれる国は選べない。私は、クロアチアが故郷だと思えないの。ノルウェーにいた時、私はこの国の人間だって強く感じたの」って)

何人に着てもらったのだろう?

本当にすばらしい経験がこの旅行で出来ました。
言葉足らずの私が言葉にすると、経験とずれが出てきてしまう気がします。
だから、私の昨年の夏の思い出をまとめた以下のサイトを見ていただいてもいいでしょうか?
↓8月9日以前までサマースクール
http://spaces.msn.com/2005kahoriochi/
↓以降の旅行記
http://spaces.msn.com/kahoriochi/
何人浴衣を着てもらったのでしょうか?
実にそれだけの方々にお世話になったのです。
そしてみんな大変喜んでもらえたと、私は確信しています。

今・・・

私がお店で着物で国際交流を始めたのは、このノルウェーと以降の旅行がきっかけなのです。
同じことを日本の方がしたら、きっと着物のよさを再認識してくれるだろう。
また海外の方もきっと喜んでくれるだろう。
そして何よりも、私がしたい。
この国際交流会の、現店舗での締めくくりとしておこなった、「さよならの会」。
この模様はこちらのブログで紹介しています。よければこちらもご覧になってください。
そして、共感頂ければ、次回ご参加ください。
http://2daime.kimono-sakaeya.com/?eid=368238

Posted in ノルウェーでの生活 | No Comments »

24th 5月 2006

日本に帰りたい

日本に帰りたい
口には出しませんが、そう思う嫌な事・辛い事・逃げ出したい事もありました。
国が違えば、考え方が違う。
ー時には、友人とどうしても分かり合えないこと。
ー考えはあるのに、英語がうまく通じない、苛立ち。
ー授業についていけない焦燥感。
ー急に日本が恋しくなる瞬間。
しかし、渡欧前、心に誓った「絶対母に心配をかけない」。
その強い意志から、母と電話をしても絶対に泣き言は言いませんでした。
母が賛成した留学では無かったですし、日々心配をしてくれていたことを知っていたから。
そしてもう一つ、完全なる母からの精神的独立をしたかったから。

特効薬は着物

どうしょうもなく、気持ちが悲観的なとき。
着物を着て、街に出かけたり、皆が集うカフェに遊びに行く。
(よく考えると奇異ですが、インドの方や、アラブの方は彼らの国の民族衣装で闊歩していたので、「なんで着物がいけないのか!?」くらいにそのときは思ってました)
そうすると「わー日本人だ」と言って声をかけてくれる。
そうなると、自然と悲観的になった気持ちが薄らいでくる。
2時間も着物で出かけると、すっきりとした気持ちになり、寮へ。
着物が一番の私にとって気分転換の特効薬でした
着物がもたらしてくれた出会い

ノルウェー人のダイアナとは、大学のカフェで知り合いました。
ある日、着物で大学のカフェに行くと
「あのー日本の方ですか?」と日本語で話し掛けてくれました。
聞けば、オスロ大学で日本語を学び、2年日本に留学していたことも。
それがきっかけで、未だにノルウェーと日本を行き来する友人に。
大学終了後はオスロで宿無しの私をしばらく家に泊めてくれました。
多国籍国家のノルウェー。
着物を着ていなかったら、私を日本人とはっきりと認識できなかったと思います。
そうしたらダイアナとも出会えなかった。(昨年12月にダイアナが来日。お店に遊びに来てくれました。)

Posted in ノルウェーでの生活 | No Comments »