Archive for 5月, 2006

30th 5月 2006

共産主義と浴衣

浴衣と共に、旧ユーゴを目指す

今でも1日1通は必ず、オスロ大学の同窓のメーリングリストからメールが入ります。
最近、気になる出来事、「モンテネグロ」が「セルビア」から独立したこと。
これについて、クラスでも目立って優秀だった「セルビア」のゴラナがこうメールをしました。
Yes, the people of Montenegro voted in favour of the independent state.
The feelings are mixed. Some are sad thinking that Montenegrin people are
very close to the Serbs, some think it is a good idea and that we should be
separated. Like in every case, pro and contra.
I cannot avoid saying that I wish all the separations in the Balkans had
happened in the same way – referendum, the will of people and a peacefull
manner of implementing that.

私が専攻したIRクラスには、ゴラナを含め約20名の旧ユーゴスラビアの学生がいました。
泥沼の内戦をした旧ユーゴスラビア。その若者のたちに、ノルウェー政府が奨学金を出し、一緒に学ばせることにより、戦争のわだかまりをなくそうとしているようです。
IRクラス「国際関係と外交政策」はまさにぴったりの学科だったのでしょう。
クラスが始まった当初、彼らの中で緊張感が走ることもありました。しかし、だんだんと、打ち解けていきます。同じ言葉を話し、文化も酷似、生まれた当時は、同じ国民だった。
共通点が多ので、コミュニケーションが始まれば、仲良くなるスピードは速い。

「クロアチアとセルビアの国境を渡りたい」

殺戮をしあったこの国のボーダーを渡る。
戦争の傷跡を見ることは、私のように平和な生活しか知らない者にとって何かを与えてくれるのかもしれない。
オスロ大学が終わった後、私は旧ユーゴスラビアを目指すことを一人決めます。

私の家に泊まればいい

たくさんの友人はいたものの、彼らの家に泊めてというのは気が引けていました。
でもどこからから私がクロアチアに行くと聞きつけたのか、
クロアチアのオルキデアが、夕食後私の部屋を訪ねてくれます。
そして
「香保利。ホテルなんてとることはない。うちに泊まって。私の部屋を使ってね。私は居間で寝るのが好きなんだ」
まだ19歳の彼女気を使いつつ、言葉を選んで、家に泊めてくれることを勧めるのです。
その後、あらかたの旅行日程を決めると、どこからも「うちに泊まればいい!」という声をかけてもらいました。
エストニア・ラトビア・ポーランド・オーストリア・ハンガリー・クロアチア・セルビア・・・・
ホテルに泊まったのは、実にスウェーデン・ドイツのみ。
不思議なことに旧共産圏の人々の方が、私が家に泊まりに行くことをすごく勧めてくれるのです。
何か泊っている間、お礼になるをしたい。
物を送るのではなく、私の気持ちをわかってもらうもの。なんだろう?
長距離バスや夜行を乗る貧乏旅行。
どんな旅行にことになるか分からなかったので、荷物の殆どをダイアナに託します。
それでも2枚の浴衣だけは、カバンにいれました。
「泊った先で、浴衣を着せてあげよう」と。
(オルキデア クロアチアで一番いい大学の特待生。将来は弁護士が約束されている。でもね、泣くのですよ「生まれる国は選べない。私は、クロアチアが故郷だと思えないの。ノルウェーにいた時、私はこの国の人間だって強く感じたの」って)

何人に着てもらったのだろう?

本当にすばらしい経験がこの旅行で出来ました。
言葉足らずの私が言葉にすると、経験とずれが出てきてしまう気がします。
だから、私の昨年の夏の思い出をまとめた以下のサイトを見ていただいてもいいでしょうか?
↓8月9日以前までサマースクール
http://spaces.msn.com/2005kahoriochi/
↓以降の旅行記
http://spaces.msn.com/kahoriochi/
何人浴衣を着てもらったのでしょうか?
実にそれだけの方々にお世話になったのです。
そしてみんな大変喜んでもらえたと、私は確信しています。

今・・・

私がお店で着物で国際交流を始めたのは、このノルウェーと以降の旅行がきっかけなのです。
同じことを日本の方がしたら、きっと着物のよさを再認識してくれるだろう。
また海外の方もきっと喜んでくれるだろう。
そして何よりも、私がしたい。
この国際交流会の、現店舗での締めくくりとしておこなった、「さよならの会」。
この模様はこちらのブログで紹介しています。よければこちらもご覧になってください。
そして、共感頂ければ、次回ご参加ください。
http://2daime.kimono-sakaeya.com/?eid=368238

Posted in ノルウェーでの生活 | No Comments »

29th 5月 2006

テレ玉で、ヌードになった私

この度の閉店について、テレ玉さん(旧テレビ埼玉)に放送をお願いさせて頂きました。
(個人商店の当店には宣伝予算はないので。。。)
そのところ、お若い女性記者の方が興味を持ってくださり、2日間に渡りお店を来店・取材をして下さりました。
その結果、お恥ずかしながら、私「越智 香保利」という切り口で、明日放送が決定しました。
正直、この場で「明日テレビに載るから見てね!」というのはあまり謙遜的なことではないでしょう。
でもそれでも、ここで書かなくちゃっと思ったのは、
彼女の取材に感動したからです。
彼女のそのプロの仕事を皆様に見て欲しい。
そして、彼女の視点から私がどう映っているかを第三者の皆様に確認して欲しかったからです。
今まで何度か取材を頂きました。
その中で一番、下調べに時間を費やして下さっていると思いました。
どうしてそのことに気がついたかというと、、最後のインタビューからです。
実に「ツボ」をついていた!
だかね、、、丸裸にされちゃったんですよ。
自分でも気がついていなかった、無意識の本音。
思わず話しちゃった、痛い話。
うっかり、緩んだ表情。
そして涙。。。
たった3分の放送に、彼女は2日間、お店に通ってくれました。そして、このブログ、お店のHP、私がお渡しした資料に目を通してくれていて。。。
そして今はきっと画像を作りこんで下さっているのでしょう。
どんな風な切り口になっているか、私も知りません。
でもきっと彼女が選んだ切り口なら私はどんなものでも受け止めたいと思います。
放送は、明日 5月30日(火) 「ごごたま」 17時ごろ放送予定だそうです。
テレ玉 デジタル放送 32ch  アナログ放送 38ch   http://www.teletama.jp/
A記者さん、私のために、そこまで時間を費やしてくれてありがとう。
ぜひみなさん3分のお時間を頂ければと思います。
そして、私のもう一つの感動が、27日(土)に行われた機織の会。
この模様は以下の私のプライベートのブログでご覧頂ければと思います。
http://2daime.kimono-sakaeya.com/?eid=367535

Posted in special | 3 Comments »

25th 5月 2006

フェアフェルパーティ 5席のみ日本人の方ご案内

今週の日曜日、5月28日(日)。
お店で英語圏方向けに、さかえ屋のフェアウェルパーティを開催します。
今月末に、現在のお店が取り壊されます。
最後に、昔ながらの呉服屋雰囲気を海外の方に見て頂こうと開催を決定しました。
というのも、こうやった個人経営の呉服店は年3千件つぶれ、
今呉服店というとナショナルチェーンやデパート。
こういった呉服店に入ることは、海外の方にはめったに無いでしょう。
そいういったところから、お声かけをし、
現在20名の海外の方が、参加を表明してくださっています。
内容は、現在こちらのブログで英語で掲載させていただいた
母とこの店の歴史について。
これについて、10通を越える「読むのを楽しみにしている」という
メールを頂き、みなさまの感心の深さをしりました。
ですからテーマは
「四国&さかえ屋の歴史を知る」
という会です。
開始は午後3時~6時。
四国から取り寄せたお菓子
四国の曲を交えたお三味線と歌
そして母の話(英語の解説付き)
さらに着物の試着とお写真付き
料金 3000円(お土産付き)
基本的に海外の方の向けの会となるため、
この度限定で5席 日本の方にお席をご案内させていただきたいと思います。
ご希望の方は、お手数ですが、
お店のHPよりE-mailを送信いただければと存じます。
主催 さかえ屋呉服店
協力 Being A Brouad

Posted in イベント | No Comments »

25th 5月 2006

紬の機を織ってみませんか?

お店を継ごうと思い、
着物の勉強を始めたものの、あまりの範囲の多さにびっくり!
そこでまず地元埼玉の着物産業に絞って調べ始めました。
そして、本庄紬のことを知りました。
県でも数件残る機織で、埼玉県の無形文化財に指定されています。
この織手さんにお会いしたいと、何度もお手紙とお電話をさせていただき、
ようやく、荒川夫妻にお会いしました。
80を越えてもなお、お元気なお二人。
本当は当店のような小売店には、おいでいただけないのですが、(だからお会いするのも悪いと思って、最初は断られていたそうです)
「着物の普及をしたいのです!
 野良着から始まった本庄紬は、普段着の着物の象徴ではないでしょうか?」
と、お話させていただいたところ、ついにご来店がかないました。
そしてご相談のうえ、今回の会は、
今後の呉服の発展のため、消費者還元にしよう!ということに。
ということで、会も無料であれば、お着物もご奉仕価格にさせていただきます。(この1日限りです)
よければぜひおはこびください。詳細は以下まで
http://event.kimono-sakaeya.com/?eid=219569

Posted in イベント | No Comments »

24th 5月 2006

日本に帰りたい

日本に帰りたい
口には出しませんが、そう思う嫌な事・辛い事・逃げ出したい事もありました。
国が違えば、考え方が違う。
ー時には、友人とどうしても分かり合えないこと。
ー考えはあるのに、英語がうまく通じない、苛立ち。
ー授業についていけない焦燥感。
ー急に日本が恋しくなる瞬間。
しかし、渡欧前、心に誓った「絶対母に心配をかけない」。
その強い意志から、母と電話をしても絶対に泣き言は言いませんでした。
母が賛成した留学では無かったですし、日々心配をしてくれていたことを知っていたから。
そしてもう一つ、完全なる母からの精神的独立をしたかったから。

特効薬は着物

どうしょうもなく、気持ちが悲観的なとき。
着物を着て、街に出かけたり、皆が集うカフェに遊びに行く。
(よく考えると奇異ですが、インドの方や、アラブの方は彼らの国の民族衣装で闊歩していたので、「なんで着物がいけないのか!?」くらいにそのときは思ってました)
そうすると「わー日本人だ」と言って声をかけてくれる。
そうなると、自然と悲観的になった気持ちが薄らいでくる。
2時間も着物で出かけると、すっきりとした気持ちになり、寮へ。
着物が一番の私にとって気分転換の特効薬でした
着物がもたらしてくれた出会い

ノルウェー人のダイアナとは、大学のカフェで知り合いました。
ある日、着物で大学のカフェに行くと
「あのー日本の方ですか?」と日本語で話し掛けてくれました。
聞けば、オスロ大学で日本語を学び、2年日本に留学していたことも。
それがきっかけで、未だにノルウェーと日本を行き来する友人に。
大学終了後はオスロで宿無しの私をしばらく家に泊めてくれました。
多国籍国家のノルウェー。
着物を着ていなかったら、私を日本人とはっきりと認識できなかったと思います。
そうしたらダイアナとも出会えなかった。(昨年12月にダイアナが来日。お店に遊びに来てくれました。)

Posted in ノルウェーでの生活 | No Comments »

21st 5月 2006

OLだった私が、英語で政治学を学ぶ

初めての授業
私はノルウェーの中でも、特に興味を持ったのが、外交政策。
国連の負担金が一人あたり、世界で一番高いのです。
しかし、日本と違い、国連の安全保障理事国に入れろと躍起になったりしない。
何のメリットに考えてるんだろう?
そこで、専攻したのが
International relation and foreign policy 略してIRクラス。 
クラス初日。どうして自分がこの授業を専攻した理由を、クラスメイト40名の前で発表することに。
アメリカ、ロシア、東欧各国、旧ユーゴスラビア、ドイツ、フランス、、、世界各国の生徒たち。
ネイティブイングリッシュスピーカーズでは無いにもかかわらず、みんな英語が「超」流暢!
よくよく聞けば、このサマースクール自体3/4がスカラシップ取得者。中には現役ノルウェー在中の大使館職員も。
英語はマスターしていて当たり前だったのでしょう。
しかも、先生たちもノルウェー人なのに、早口で聞きなれない言葉を使いまくる。
「どうしよう!!」やっていけないかも。
私はクラスに出席していいのでしょうか?
寮に帰り、ルームメイトのキャサリン(イギリス人)の力を借り、私は先生に切々とメールをしました。
「私は他の学生と違って、現役の学生ではありません。
会社を辞めて、生涯教育のつもりでこのサマースクールに参加しました。
このすばらしいチャレンジを続けたいのですが、英語力が心配です。
このままクラスに出席してもいいのでしょうか?」
さすがIT先進国。先生からすぐに返信。
「香保利は、唯一のアジア人。クラスにとっても大切だからぜひ出席を」
それでもしつこくメール
「F(失格)以上の成績を採る自信がありません」
次の日クラス終了後、先生がじきじきに話かけてくれ。
「僕が必ずFでは無いことを約束する」
「Eということでしょうか?」 ←ずうずうしくなってきている
「分かったD以上を約束するよ!だから絶対あきらめちゃだめだ」
着物でクラス初登場
毎クラスごと、自分たちの国について発表をする時間を与えられていました。
日本はもちろん私一人。。。
そりゃあナーバスでした。
でも、Dを約束してくれた先生の為にもがんばらないと。
ルームメイトのキャサリンは、本当に面倒見がよくて、自分はIRクラスではないのに、いつも私の勉強を助けてくれました。
プレゼンテーションの英文を手伝ってくれ、さらに発音まで直してもらいました。
さあ発表当日。
いつもより1時間早く起きて、やったこと・・・
着物を着たのです。 
そして、発表開口一番。
「日本の民族衣装“着物”をこのプレゼンテーションのために着ました。
これに免じて、英語の発音は許してね」
クラス中、拍手喝采でした。

(IRのクラスメイトと私の30歳の誕生日に。 浴衣を着て出席しようと、時間が手間取り10分遅刻。
クラスのドアを開けたとたん「Happy Birthyday」の歌声が! 青春!?)

Posted in 30歳までの道のり | 4 Comments »

21st 5月 2006

An afternoon of Japanese culture, Sunday May 28th

We will have an event on Sunday 28 of May in English
“Remembering Shikoku and the original Sakaeya Kimono Shop”
Sunday May 28th 2006
Sakaeya Kimono Shop farewell in English
Our shop was started 47 years ago by my parents, Sakae and Keiko Ochi who moved to the Kanto region from the southern island of Shikoku. The present original shop is soon to be destroyed to make way for a larger building so the shop will be moving to another location.
So I was has organized a farewell event so that past memories of the original shop can be remembered and new long lasting memories can be formed.
The event is held in the present shop, which gives members an opportunity to see the inner-workings of a traditional family kimono shop. This event features live shamisen (a traditional Japanese instrument) music as well as the opportunity to try Shikoku sweets and Japanese tea. Also each attendee is given the chance to dress up in a kimono and have photos taken as well as receiving a souvenir to remember the day’s event.
The main reason behind this event is to give Keiko an opportunity to talk about the shop’s history and her birth place Shikoku. Keiko wishes to reminisce about how she started the shop with her late husband after World War Two and how the war changed Japan and left behind peace. This is a chance to hear Japanese history with a more personal touch. Keiko`s daughter Kahori will be translating everything into English on the day.
Date: Sunday 28th May 2006
Time: 3:00pm-6:00pm
Where: Sakaeya Kimono shop in Omiya (see http://www.kimono-sakaeya.com/english/index.html for map)
Cost: 3,000yen
Reservation is essential as space is limited so please write me comment on this page if you would like to join it.

A new service that the shop is offering is kimono rental for the day and a guided tour around Omiya, an older part of Saitama prefecture. If you are interested in hearing more about this service please visit the websitehttp://www.kimono-sakaeya.com/english/index.html .

Posted in English | 2 Comments »

17th 5月 2006

留学前に準備しておいてよかった事

話の分かる国
2005年6月24日。
私はノルウェーの首都オスロに到着しました。
明日から始まるオスロ大学でのサマースクールに参加するために。
2004年12月中旬の退職願いを提出。1月末に退社が決定しました。
引継ぎを行いつつ、英語の勉強をスタート。
まずはTOFELの壁を乗り越えなくては。
そして、エッセイ書きや推薦状の記入のお願いに奔走。
そのかいがあり、結果3つの教育施設から入学許可を頂きました。
短期のオスロ大学サマースクール、長期のカレッジと大学(ただし聴講生)1つづつ。
しかし、ノルウェーから帰国後、どうその留学経験を将来に活用すればいいのが見つかりませんでした。
留学後人生観は変わるとしても、どうやって就職にそれを使うのだろう??と悩みに悩みました。
ノルウェーの厳しい冬を乗り越えるには、相当なモチベーションが必要だとも。
そのモチベーションの源となる、留学後のビジョンが見つからなかったのです。
2ヶ月考えたすえ、ひとまず短期で行ってみて、それで何が自分に起きるか見てみよう結論をつけました。
なんと、この判断を出すまでに、大学側は入学の返事を待ってくれたのです。
「大切な決断で、今後の人生に関わるので時間が欲しいと」と説明したところ、
締め切りを延ばしてくれたのです。
こういったところが、私の好きなノルウェーらしいところなんです。

留学前に準備しておいて良かったと思うこと

何かしらのお役に立てれば嬉しいのでお話させて下さい。
1. その国の教育が分かる本を読む
私は「男女平等の本」という、ノルウェーのジェンダー教育についての教科書を読みました。それにより、入学願書などを記入する時の「ツボ」を会得した気がしました。そしてさらに、ノルウェー人の論法を覚えたような。。。
2. その国のベストセラーを読む 
私は日本でもブレイクした「ソフィーの世界」を読みました。
会話の切り口にもなりますし、
考え方の違いの勉強にもなります。
3. できるだけその国の友達を作る 
ノルウェーの情報が入りにくいので、彼らが教えてくれる生の情報は本当に役立ちました。
日本に住んでいる・その国に住んでいる関わらず、
インターネットサイトを調べれば、
日本ファンの海外の方は多いのできっと見つかるはずです。
4. その国の研究サークルに入る 
   私は2つの北欧研究会に所属。
その所属をしたことも入学願書のPRにつながったと思いますし、
ノルウェー留学をされた方に会うきっかけにもなりました。
5. 自分の国の文化を言葉ではなく紹介できるもの用意していく!!
他ははずせても、これだけはぜひ行って欲しいです。
私は、茶道や料理も用意したのですが、一番よかったなあと思うのは、本当に「着物」です。
それは設備が必要なく、着ているだけで「日本人」と表現できるから。
(オスロ市主催の歓迎レセプションにて、ポーランドの美女軍団ともに。このレセプショ中、ひっきりなしに写真のお願いが。そしてその後みな友達になりました。
彼女たちとは、お互いのボーイフレンドの話までするなかに。
右端のマグダレナの家に、サマースクール後、泊りにも行かせてもらいました)
さあ次回からは、どう付け焼刃勉強の私がノルウェーの大学で、サバイバルしたかをお話させていただきたいと思います。
お知らせ・・・
浴衣メールマガジンの2回目の配信がさせていただきました。
「着る」「見る」「遊ぶ」を総合的に記入した4ヶ月限定のメールマガジン。
教科書や人から聞いたのではなく、私が実際に経験したことに基づき、
浴衣の着こなし方をお話しています。
よかったらぜひ読んでみてください。
ご購読は以下から

http://2daime.kimono-sakaeya.com/?eid=349921

Posted in 30歳までの道のり | No Comments »

11th 5月 2006

大人の浴衣美人講座  メールマガジン発行のお知らせ

「浴衣の着こなしを一段上げるには?」そういった声を伺い、この度4ヶ月限定のメルマガを発行させていただく事になりました。
浴衣は、今年の夏も大ブームの予感。
着こなしをぐっとアップさせて今年の夏は、誰もが振り返る「浴衣夏美人へ!」
着物のファーストステップとなる浴衣の着こなしのお手伝いをさせていただければ幸いです。
ご登録には以下のサイトをご覧下さい。来週の火曜日から発行いたします。
http://2daime.kimono-sakaeya.com/?eid=349921

Posted in special | 3 Comments »

10th 5月 2006

なぜノルウェー?

なぜノルウェー?
一番聞かれる質問です。
帰国後、生活と自然を大切にするノルウェーについて、情報を集め始めました。
そして、ノルウェーを知るごとに、より興味が膨らみ、心の琴線に触れるのです。
実は、石油産油国で、第2位の産油高を誇っていること。
国連の調査による、人間の豊かさの指数が4年連続1位のこと。
世界で一番男女平等が進んでいること。
王室があり、その王子様のお妃は、野外コンサートで出会ったシングルマザーであること。
国連で「持続可能な開発」を説いたGro Harlem Brundtland元首相の国
EUに加盟していない
などなど・・・
日本の「経済至上主義」的な政府の政策と、正反対の「人権」を尊重した政策。
石油のため、お金はあるのですが、それをあえて開発には使わない。
開発すれば、自然が無くなる、そうなるとかえって自分たちの生活を悪化させる。
短絡的に考えれば以下のようになりがちです。
お金がある→海を埋め立てる→経済が活性化→給料が上がり・消費が刺激される
しかしノルウェーでは以下のような思考の国民が多い為、現在の時間・環境ともに健全な状態があると思うのです。
海を埋めたれる→自然が悪化する→生活に支障が生まれる

この考えを導き出すに至った考えはどこに由来するのか。
「確かめなくっちゃ」
←オスロの繁華街にある港。海の水が透き通ってます。
辞表
短期の滞在ではなく、向こうで生活をしたかった。
そのための選択肢は「留学」だけでした。
調べに調べまくり。(途中悪徳業者につかまり、お金も騙し取られました。「北欧」留学される方、お気をつけ下さい!自分で調べるのが一番です)
12月初旬、4大学へチャレンジすることに。しかし、出願手続きを見て愕然。
推薦状が3名から、エッセイ、そして英語力・・・・
だめだ。このままの残業時間ではこなせない。しかも、「成功は準備にあり!」という考えを持つ私。この一生に一度限りのチャンスを最大に満喫するためには、色々な準備をしておきたい。
一番早い締め切りを持つ大学が、確か1月末。
気持ちは決まっていました。
だから母にも、誰にも相談しませんでした。
12月中旬の金曜日、深夜に帰宅後、辞表を書き始めたのでした。

Posted in 30歳までの道のり | No Comments »