Archive for 8月, 2006

24th 8月 2006

浴衣美人塾 ~金魚坂 浴衣姿撮影会~

お待たせしました。 
外国人カメラマンによる撮影会のお写真を発表させて頂きます。
この会は、「はんなり倶楽部」の国際交流イベントの一環として、
先月22日に、東京の本郷のイベントです。
Non Japaneseが切り取る日本文化は、雑誌などを見ていても、いつも既成概念を覆してくれます。
お寺であっても、お寺に見えなかったり、「この一部を切り取るの!」という発見も。
そのため開催したはじめての試みです。
ぜひみなさま、この写真から、新しい日本の良さを発見してください!
~まだまだたくさん良い写真があるのですが、今回は私が好きなものを選ばせて頂きました~


撮影者 David   今回の中で、女性を「もっと」女性らしく撮影してくださったと思います。 ”日本女性の美しさ”って強く感じられるショットだと思います。~~~~~~~~~~~~

 撮影者 Raj  ピントがずばり合っていて、モデルの一番生きる・そして自然な表情を捉えてくれています。 つまりシャッターを押すタイミングがいい! ~~~~~~~~~~~~~~~~

撮影者 Venu 全体写真のほうが得意のようです。 フォトジェニックなポーズ。 下がアスファルトでなければもっとベターだったはず!~~~~~~~~~~~~

撮影者 John
 物語を感じさせる構図 余白を活かしていると思います  一番トーンが落ち着いた写真を撮影してくれました。~~~~~~~~~~~~~~

撮影者 Stephen
一番日本人との撮影の違いを感じさせてくれます。 斬新! ここを切り取るのか!という驚きです。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Ed http://www.artmajeur.com/chernesky/
Coming soon
たいへんこだわり屋のEdは全ての写真の構図を加工したいとのこと。ボストンからのDVD待ちです。
紅葉の頃には、今度は着物で撮影会を考えております。
ご興味のある方は、こちらのサイトをチェックいただくか、以下の「はんなり倶楽部」メーリングリストへご登録お願いいたします!
http://www.kimono-sakaeya.com/hannari.html

Posted in 浴衣美人塾 | 4 Comments »

23rd 8月 2006

浴衣美人塾 ~着物で伝える女性たちパート2~

yukata.jpg2006 夏期集中企画☆オッチーの浴衣美人塾!
この夏はアナタも浴衣でモテを目指してみては?

J-LIFE >> 「浴衣の着方を教えます」はこちら
「着物で伝える女性たち」2回目のお客様は、
アナウンサーの國友 真由美さんです!
(お昼の某番組のテレホンショッキングみたい、実は1回めの澤さんと國友さんはお友達。詳しくはこちらの國友さんのブログへ)
國友さんとは、弊店のイベントに参加をしてくださり、お近づきになりました。
プロフィールにかかれているよう、大の着物好きの國友さん!
着物への考え方も私も共感させていただいています。
例えば「着物で出かける場所がない!」のではなく、「着物で出かけて困る場所はほとんどない、だったら着ていこう!」というところなど。
それだけではなく、私がこちらのブログにご紹介を「常に情報発信者でありたい」と快諾してくださいました。
私も同感!
ということで、今回國友さんのブログでお書きになった意見で、私も「言いたい!」と思ったある事件についてご案内させてだきます。
「愛国心について、通信簿で評価をつける」
そのことについて、いち早く敏感に意見をされていました。國友さんのブログ
私もこの記事を見たとき、より深刻に日本の教育が心配になりました。
人の気持ちや、考えは誰かに強制されるべくものではない。 
今までの歴史をとおし、人類が気付いてきたものはなかったのではないでしょうか。
そしてそいういったことを、実は色々な教科を通し、学校で我々は学ぶのが理想なのだと私は信じています。
多分、私は今それなりに「愛国心」というものを抱いています。
それはノルウェーに滞在して、ノルウェーと日本を比較し、自然と日本に対し、愛着を覚えていました。
「日本ていいところいっぱいあるんだなー」って。 留学していた人は、そんな経験ありませんか? 
もっと留学がしやすい教育システムをつくることこそ、本当の意味の「愛国心」を育てる早道だと思うんです。
ちなみに教育が無料のノルウェーでは、大学生になると1年間海外へ無料で留学できる制度があります。
(ほぼ全ての学生に)
日本では今、小学校から英語教育のために、たくさんの英語の先生を海外から呼び寄せています。
(Brianが来日したJETプログラム、今年は5000名のネイティブイングリッシュスピーカーが来日したそうです)
本当はそのお金をもっと海外留学の奨学金に使えばいいのに、って思う私です。
英語をテクニカルに学ぶことはもちろん大切ですが、
他の国に住み、日本を外から見れば、考え方の幅が広がり、みんなもっと気持ち豊かな生活ができると思います。

Posted in 浴衣美人塾 | No Comments »

21st 8月 2006

Run for the Cure 乳がん撲滅のための活動 Our donation


The Run for the Cure Foundation との出会いは、一通のメールからでした。
協会の方が、弊店の英字記事をご覧になり、「何か協会に寄付をしてくれませんか?」と連絡下さったのです。
そのとき、すでに弊店ではいくつかの社会貢献をスタートさせていたので、
「これ以上できるかしら?」という心配もありました。
しかし、詳しくお話しを伺うと、「お金」ではなく、「時間」での支援だということに気がつきました。
そして何より「着物」は乳がんでお乳を切断した女性にもキレイに装わせる。
そいう話を以前から聞いていたので、「着物」からも、ぶれない。
企業の存続意味を色々な事件で考える日々。
社会に貢献=「皆さんの生活を豊かにするもの」であるからこそ、企業の意味がある。利益の一部は寄付して当たり前!

単なるMoney making industry であってはならないと、私はノルウェーの「社会民主主義」という生活から感じとってきました。 (だからとても政府系の会社が多いのですよ)
そのためこの度、弊店でもお力添えができるため、微力ながらご協力をさせて頂くことなりました。
以下にその詳細を記させていただきますが、いい機会なので、こちらの協会&パーティ、乳がんについてお話しもさせてください。
The Run for the Cure Foundationは、日本国内で乳がんの啓発と意識向上のためのプログラムに基金を提供している組織です。
日本では、25人に1人の女性が毎年乳がんになると言われており、
ライフスタイルの変化や晩婚そして少子化により日本での乳がんの発生上昇率は世界中でも高水準!
(男性にも乳がんは発生するって知ってました?)
乳がんの3割が早期に発見されていれば治癒できるものです。
その早期発見のための啓蒙活動をこちらの団体は推進しているそうです。
その中でも、わたしたちはとてもゴージャスなパーティピンクボールにて、
お手伝いをさせていただきます。
それは、ご列席者(外国の方が主です)の方に、
私の着付け教室をオークションにかけ、その利益は全て協会に寄付するという試み。
外国人のための浴衣レッスンにご参加いただき、このご提案を頂きました。
これなら私にも出来る!
このパーティは、10月13日(金)、六本木ヒルズのグランドハイアットにて開催されます。
主な列席者は外資系企業などの取締役たちが中心。 なんたって参加費がお一人、35,000円!
(この収益もチャリティーになるそうです。)
でも話を伺うと、ハイクオリティーなフランス料理のフルコース、そしてワインや飲み物はすべてフリー。
さらに、アメリカでの人気のシンガーAlyson Williamsや、準ミスユニバース 知花くららが出演。
ディナーショーよりもお手軽なのかもしれない。
そしてこの会のために、色々な会社が物品やサービス(例えば海外旅行やブランド品類)を提供してくださいます。
市場よりも(多分ヤフオク)よりもお安い値段で、オークションで購入が出来ます。
(収益は全てこの協会への寄付となります)
このオークションは提供された品が終わるまで、深夜まで続くそうなので、時間が決められたディナーショーよりもゆったりとした気分なのも嬉しい。
あまりオープンには宣伝されていませんが、日本の方も参加が可能ということですので、ご興味のある方はぜひ以下のサイトをご覧下さい。


http://www.runforthecure.org/html/j_pinkball.html


普通では全くありえない、シュチュエーションと回りに囲まれるのると思えば、奮発できるお値段かな?と私は思っています。
海外に旅行して、お買い物するよりも、お安いお買い物が出来るかもしれませんしね!
さらに、その購入の利益が、企業の益ではなく、直接的に誰かの役に立てば嬉しい!っと思うのは私だけ?
(↑ノルウェー人に「ノルウェーオタク」と言われている)
Our shop will donate “Run for the Cure” which is an organization that funds protecting from Breast cancer education and awareness programs throughout Japan.
Why we have deiced it is becouse Kimono fits well women who cut their breast since Breast cancer. We are too small to donate money but we are happy to donate our time. Then we will donete “Yukata dressing lesson and tea ceremony”. We hope that our shop must not be a money making shop but be creating better life for everyone.
We feel honner to do something to this organization. Sakaeya Kimono Shop

Posted in special | 2 Comments »

20th 8月 2006

浴衣美人塾 ~着物で伝える女性たちパート1~

yukata.jpg2006 夏期集中企画☆オッチーの浴衣美人塾!
この夏はアナタも浴衣でモテを目指してみては?

J-LIFE >> 「浴衣の着方を教えます」はこちら
「着物で伝える女性たち」第1回目の栄えあるお客様!
私が師匠とお慕いする、ラジオのパーソナリティ 澤 美代子さんです
澤さんは今年、当店で浴衣をお誂えしてくださいました。(こちらでもご紹介させていただいたお品。)
澤さんはFMのNack5で毎週月~木 13~17時の「Nack On Town」でハリのあるやさしい声をご披露されています。
初めてお会いしたとき「あ!あのいつも気持ちを込めて“ドライバーの皆さん安全運転で”といっている声だ」っと気がつきました。
事務的な言葉で話すことが多い毎日、心が入っている声は耳に残りますよね。
そんなこんなで、色々とお話しをさせていただき、なんと浴衣をお誂えしてくださいました。
そしてなんとこの浴衣で、ラジオの公開生放送の最終日に出演!!! 下さったのです。(感激!)
澤さんがご自身のブログでも紹介してくださいました!
私が今回こちらでぜひ澤さんや、これから女性を紹介したいなあと思ったのは、
単に当店の浴衣をお召しになって頂いたからではありません!
それは、私が「イイ!」と思うパーソナリティーの持ち主で、ぜひ私も見習いたいし、このブログを読んでくださるGirlsさんたちにもきっと良いパワーを分けて下さると思ったから。
私が澤さんに惹かれる理由は、西洋と日本の考えの良いところを両方お持ちで、それを自然に活用されているから!
(中学校から高校まで日本のインターナショナルスクールに通ってらっしゃいました)
ノルウェーにいたとき、私は日本女性と西洋の女性の違いを感じました。
私自身、両方の良い所を吸収し、活用しようとするのですが、時にうまくバランスがとれない。 
その二つは時に相反することだから。
「自分の意見を表現する」+「忍耐し、集団の考えを一致させる」などなど。
澤さんはそれが自然に出来る方! そんなところが私は「すごい!」と思っています。
さらに、こないだ隣のブログで座間さんが書かれていた「オーラソーマ」のセラピストさんでもあります! (座間さんもおっしゃられてますが、私も「Oh!My GOD!」と当たりました)
ラジオのパーソナリティという確固たるお仕事を持ちならも、こうやった資格をとられた澤さん。(プロフィールを拝見すると盲導犬指導員の資格も!すごい!!)
私もいつも向上できるよう、澤さんをお手本に努力したいと思います!

Posted in 浴衣美人塾 | No Comments »

16th 8月 2006

浴衣美人塾 ~浴衣のお見立て~

yukata.jpg2006 夏期集中企画☆オッチーの浴衣美人塾!
この夏はアナタも浴衣でモテを目指してみては?

J-LIFE >> 「浴衣の着方を教えます」はこちら
9月にトルコへ旅行する友人が「浴衣を持っていこうと思って」と言ってくれ、
本当に今年最後のお誂えとなるべく、現在ご用意させていただいています。
弊店のような小さな小さなお店は、大量に仕入れはしていません。
お客様にご要望をお伺いし、こちらもお似合いになりそうなものを考え、
その都度問屋へ足を運んで反物を選ばせて頂きます。
1回のお見立てで、多いときは50反くらいは見て参ります。
これぞ呉服屋の最高の楽しみにお客様への「お見立て」。
反物を問屋さんが広げて見せてくれるうちに、
本当に着物って考えられて作られているなーということを実感します。
反物の幅は約40CM。 それをうまく縫い合わせて着物は作られます。
着物の生地はタテとヨコの引きに強く、その分斜めに延びやすい。
しかし、プレメイドの浴衣は、大きな布をまずは作り、それを反物の幅40CMに裁断し、かがっています。
だから、ヨコの力に弱い!
私がどうして「プレメイド」か「お誂え」かを言い当てたれるのは、
その生地の弱さが影響して出来る、お尻の周辺のしわとたるみから。
「プレメイド」の浴衣は、1年着るとお知りの部分がのびてしがいがちなのです。
それを見て、だいたい「お誂え」かどうかを判断させて頂いています。
着物は幅40CMだからこそ、あのように縫い合わせる必要がありますが、
そんなに大きな布をつくってるなら、どうして縫い合わせる必要があるのだろう?と
「プレメイド」の浴衣を見つめ思うことがあります。
「縫い合わせが正しいこと」が「浴衣」と呼ぶための絶対条件なのだろか?
何をもって「浴衣」というか、本当に難しい世の中です。

Posted in 浴衣美人塾 | 2 Comments »

14th 8月 2006

明日からの私

「今だけに集中し、過去も未来も忘れたらいいのだけど」
とそう思います。しかし、実際はそうもいかない。 
それに何かに期限をつけたりするのは、重要だと思う。
時間だけは万人に平等だから。(それと、死と病気もだねって、こないだお医者さんと話して気が付きました)
私は今月末から、京都で「きもの」のお勉強に1ヶ月参加します。
財団法人が開催する「きもの学」という講座。
お店に入って半年、いつも「背伸び」をして、接客しなくてはならない。
この問題に、建設的に対処しよう!そう思って、1ヶ月お店番をお休みします。
8月24日~9月21日まで不在にしておりますが、どうかご容赦ください。
この機会を借りて、今後のイベントについてもご案内させていただきだきます。
8月18日(金) 午前中
カイ日本語学校の学生さんとの日本語フリートークに参加させていただきます。
ご興味の方は、こちらまでメールを下さい。
8月18~20日 麻布十番祭り 
麻布十番からはやや離れるのですが、
西麻布の隠れ家バーMENGELMANGELで着付けのお手伝い。
9月24日(日) 海外の方と着物でティーパーティ
10月 上旬  名古屋で国際交流の会(仮)
10月13日Pinck Bowl 乳がん撲滅運動のチャリティーイベント支援
10月下旬 着物でお月見の会
11月ヨーロッパイベント開催?
12月 FEW忘年会サポート
ヨーロッパでの一人旅中であった一番の高齢者。イルマはクラスメイトイヴァンナのおばあさん。 クロアチアのセルビア近くのまちオーセックに滞在中に。 
今、ほぼ毎週いろいろな方から「着物で国際交流」やその他のことについてご相談やご提案を頂いております。
私のようなものでお力になれるのかな・・・と思いつつ、ご協力をさせていただいております。
たとえば、島根の萩で江戸時代から続く、「ささや」さんという呉服屋さんのお嬢さんがお店に訪ねてくれたり、
海外の雑誌社に当店のことを生地で紹介したいというアメリカ人の記者さん。
本当にありがたいことです。
忙しいことは忙しいのですが、ご来店いただいたときは全力を思ってお話しをさせていただきたいと思っています!

Posted in special | 5 Comments »

09th 8月 2006

「着物で国際交流」番外編

着物好き・英語勉強・そして同い年。 そんなお友達がヨーロッパに旅行へ。
「ぜったい着物持って行った方が良いよ!」という私の半ば強制を快く聞きいれてくれた!!(Dちゃんありがとう!)
 (Dちゃんの着物は当店で購入してくれた紬の単え。 お母さんの帯にぴったり!と二人で見つけたときは、おおはしゃぎ。 お隣はクロエさん。 ちょっと名の知られた4コマ漫画家さん。 日本の雑誌にも描かれています)
今私は「着物で国際交流」というイベントを開催して、「衣」で日本文化を伝える楽しさを知ってもらおうと努力しています。
でも、それはこのイベントに参加しなくても、ちょっとしたことで出来ると思っている。
例えば、Dちゃんのように海外旅行に持っていっても良い、留学や海外赴任ならなおさら!
だってぜったい会話には「どこの国の出身?どいう国なの?」って聞かれます。
着物を着ていたら「私は日本人!」て表現していて、会話の糸口になる。
語学はツールであって、メッセージがあれば、コミュニケーションが出来るというのが私の信念。
 だからぜひ「海外行くなら着物です!」をもっと広めていきたい。
思い起こせば、昨年私がノルウェーに行くとき、全くの着物初心者だった。
それが3ヶ月、着物生活をどう乗り切ったか、今思うと、母の知恵が相当詰まっていた。
こうやって着物業界に入ってたからこそ「あ!そうだったんだー」と思えることたくさん。
今度は私が皆さんの着物のお母さんにならなりたいな。
今そう思って、「海外で着物で乗り切る方法 テクニック」みたいなお話しが出来る会を考えています。
会の開催のときはぜひ遊びに来てください!
また、来週から「着物で伝える女性たち」という一人企画をこちらで連載させていただく予定です。
メッセージを持つ人間になりたいと思う私、だからそいう方を私なりに応援させてください!

Posted in special | 8 Comments »

09th 8月 2006

浴衣美人塾 ~お誂え浴衣の選び方パート2~

yukata.jpg2006 夏期集中企画☆オッチーの浴衣美人塾!
この夏はアナタも浴衣でモテを目指してみては?
J-LIFE >> 「浴衣の着方を教えます」はこちら
では、さて浴衣にはどんな柄があるのか?
今年当店で販売をした反物の数々をご覧になって頂きたいと思います。 見ているだけでも楽しい! 
フラットだからできる、表現の自在さを、反物を見ると実感する毎日です。
  
← 江戸時代から続く 呉服問屋 竺仙の浴衣。 綿100%を絽に織っているため、透け感があり、見た目にも着ていても涼しいです。伝統的な団扇の模様。
「浴衣ほど着物の中で、変遷を遂げたものはない」
ととある服飾評論家さんが、有名な婦人雑誌でお話しされていました。
私もまったくこれには同意見。
もともと、お風呂の中・お風呂の後に着るための着物が、今では「夏のオシャレ着」として市民権を得ています。
色柄だけではなく、生地までも麻が混合したり、透け感のある織りかただったり。
 
2006新作コレクション
 こちらも「竺仙」のもの。綿紬でつくられた手の込んだ逸品。 先に糸を染めて、生地を織り、さらに色つけしています。  (実はこちらの浴衣、私たちがよく耳にする声の方に買って頂きました。 さあ?誰でしょう? 来週公開番組でこちらをお召しになっていただく予定なので、それを私が突撃レポートします。それまでお楽しみに!)
  こちらは堀井という、浴衣専門問屋さんの今年の新作。 琉球紅型調の浴衣です。 麻が混合しているので、大変色鮮やか。 紅型って、こんなに色が色々入っていているのに、夏の晴天の下で着るととても涼しげに見えるのはなんでだろう?  ここまできてしまうと「お風呂上りに着ましょう」なんてナンセンス。 ぜひ衿もつけて、足袋も履いて、お出かけ着に。
 こちらも堀井から。 麻が30%混合され、その風合いを生かした浴衣。 今年はこのシリーズが大変好評でした。  私の今年新調した浴衣もこのシリーズ。(以前のブログで着ております。よかったら見てください!)
その他の浴衣は以下のサイトでもご覧いただけます。
http://www.rurubu.com/season/summer/matsuri/yukata_kotsu.asp
二代目日記も更新したので、良ければ見てやってください!http://2daime.kimono-sakaeya.com/

Posted in 浴衣美人塾 | No Comments »

07th 8月 2006

浴衣美人塾 ~お誂え浴衣の選び方~

yukata.jpg2006 夏期集中企画☆オッチーの浴衣美人塾!
この夏はアナタも浴衣でモテを目指してみては?

J-LIFE >> 「浴衣の着方を教えます」はこちら
先日の「お誂え浴衣」、コメントを頂いてとても嬉しかったです。
というのも、「浴衣は作りあがっているもの(プレメイド)」が当たり前だと思われていると、考えてたから。
今年はもう遅いでしょうが、来年浴衣を新調したいと考えている方へお役に立てるよう、

「本物の浴衣の選びかた!」をお話しさせて頂きます (^^)


1.キレイに着こなす最大のポイントは サイズ! だからおお誂えをお勧め
2.お誂えには「反物」を選びます
3.よい「反物」の見分け方!!

  
 私も勉強するまで知らなかったのですが、浴衣は「両面」にぴったりと同じ模様があることが前提なのです!!
 (今年の新作浴衣から。 取材でいらした新聞記者のお嬢様が購入くださった 紫陽花柄の浴衣)
 
 片面しか模様が無いものは、先にお知らせした浴衣「風」としかいえません。
さあ、どうして片面しか模様のないものは、「風」と私が呼ぶのか・・

浴衣HISTORY

浴衣の起源とされるのは、平安時代貴族が蒸し風呂に入るときに着用した衣類から。
それは湯帷子(ゆかたびら)と呼ばれ、麻で出来ていました。
この湯帷子(ゆかたびら)という名前が、つまって「浴衣(ゆかた)」という名称で登場するのが江戸時代。
江戸時代に、綿花が国内で栽培され始め(それまでは綿は輸入だったのですって!)、それに銭湯の普及があいまって、
お風呂上りに汗の吸収の良い綿で出来た浴衣が一気に普及したと思われます。
(「歴史は常に現在からの過去への意味付け」なので、100%事実かどうか分かりません)
江戸女性の粋か、裾が風でなびいて翻ったとき、まったく裏地が白かったら暑苦しいと、両面同じ模様が入っていることが浴衣の前提だったのかどうか。
浴衣には両面模様が施されているものだとされていたようです。
というのも一番古い浴衣の伝統技法「長板中型染め」。
型紙と糊を使って、ぴったりと裏表に同じ模様をつけています。
浸透させているのではなく、片面づつ模様をつけているんです!
このぴったりと模様付けするのが難しいため、無形文化財の認定を受ける職人さんも。
こういう時代背景から、「浴衣は両面柄のあるもの」という考えが明治時代まではもちろんのことだったようです。
そのために、明治時代、浴衣の量産を目的に「注染」という技法が生み出されます。
これは色を浸透させることにより、一気に両面に模様をつける技法です。
もし「片面」で良いと思っていたら、きっとこんな手の込む技法をわざわざ作らなかったではないでしょうか?
だからせっかくお誂えされるなら「両面」模様のある反物を選んでみてはどうでしょうか?

Posted in 浴衣美人塾 | 1 Comment »

07th 8月 2006

伝えなくっちゃ・・・

メッセージのある人間になりたいと常々努力しています。
いつもは「着物を身近に」できるよう、メッセージをお伝えしつづけてきました。
でも、今日8月6日 原爆投下の日にあたり、どうしてもお伝えしなくてはいけないと思い、
このたくさんの訪問者がいらっしゃるアルクさんのスペースをお借ります。
それは世界で未だ起きている戦争・紛争についてです。
-–きっとノルウェーに行っていなければ、私がこんなに心を揺さぶられることはなかったでしょう。
しかし私はノルウェーで「Peace and conflict」などの話を聞ける機会持ちました。
そしてなによりも未だに戦いのある地域に知り合いができたのです。
パレスチナ・ヨルダンなど。未だに彼らとメーリングリストでつながっています。
今日は彼らから届いたメールをここに掲載させてもらいます。
日付: 2006/08/07 0:18
件名: Re: [iss2005oslo] 3 people from iss2005 in Tokyo
Dear Kahori
Thanks alot for your concern
We still ok, but the situation is so difficult.
Today in the aneversary of the atomic bombs attacked Heroshima and Najazaki we say with the Japenese people : stop killing , America stop your troops and bombs in Palestine, lebanon, Iraq ,….
Let our people live like the other human beings, let us share the others in development
Any way , the pictures are so nice.Brian is so smart not as we found him in oslo , these changes due to the Japenes style!Tatevic how can we eat the Dolma with a stick
Kahori you look as usual so nice and full of life
Hope to meet you all once again
yours
Ihab
====================
日付: 2006/08/06 22:21
件名: Re: [iss2005oslo] 3 people from iss2005 in Tokyo
hellow Cahori
I appreciate you empathy with our situation here
and i reply very fast since i’m online reading some news
as will we wait that time for peace even it is invisible yet now
international law always with stat who have POWER in this world
we will update y with our news
take care
Hatem
=====
以上のメールは以下のメールのやり取り(このブログにも掲載ありますがBrainとTatevickとの日本での再会)かを受けてのことです。
日付: 2006/08/02 15:59
件名: [iss2005oslo] 3 people from iss2005 in Tokyo
On monday
Me and Kohori meet Brian in Tokyo., a year ago it will
seems unbelivable, but we meet each other.
Brian will teach in japan, soi we met Brian in the
center of the tokyo where is his hotel.after
we went to Sushi bar, and Brian first time tried
chopsticks, he manage to eat sushi with chopsticks. he
was so skillfull that the owner of the restoran
present us wine, it is very rare in japan,
iss2005 community in Japan waiting other isspeople.
Tatevik
From japan
==============
日付: 2006/08/02 21:58
件名: Re: [iss2005oslo] 3 people from iss2005 in Tokyo
Dear Tate
Have a nice time in Japan , we hope life will give every human being the happiness you have and enjoy from the Japenese style.
we (as a Palestinians)watching TV and the Isralie killings for Plestinians and Lebaneise, we hope that day we can travel to Japan or Armenia or Irland to meet our lovely friends
Let us pray together on behalf of PEACE and love for ALL
Ihab
Palestine
=====================
日付: 2006/08/02 22:11
件名: Re: [iss2005oslo] 3 people from iss2005 in Tokyo
Dear Tatevic, Cahori, Brian, Ihab
Dear all
After greeting and respect
Sounds it an wonderful reunion of iss 05 people in Tpkyo
We congratulate for such event dear
As well we remind y that live is not so easy for all people to have the same opportunities
And we struggle to continue in order to live peacefully and dream to be with y in japan even difficult situation that we confront in our region
We invoke for that time, but I think that it is not so near
hatem
===================
日付: 2006/08/06 22:05
件名: Re: [iss2005oslo] 3 people from iss2005 in Tokyo
Hi Hatem and Ihab,
Before going to Norway, I had not paid attention to the intonational article on the NP But now reading your country’s news, I always remember you , my friends. I wish you do well and your country will become peaceful soon. When you have time, please let me know how are you doing.
kahori
自己満足かもしれませんが、伝えなくてはいられない気持ちでいっぱいでした。
もしなにもせず、本当に友人が戦争で死んでしまったら、後悔しきれないから。
日本のような平和で整った国ってまだまだ珍しいんだと、私はノルウェーで知りました。
こういった国に生まれ、やりたいことがみつかり、それに邁進できること。なんて素晴らしいんだろう。
だから、私はなんでも一生懸命やってるんです。
それが出来ない人もいるかと思うと、ありがたいから。
母がこないだ浴衣をお誂えにいらした男性のお客様に言ったのです
「昔だったら信じられない。 男性はみんな戦争に行くからオシャレをすることなんて考えなかった。
男性がおしゃれが出来る世の中ってなんて平和なんだろうね」って。

Posted in special | No Comments »