Archive for 4月, 2007

30th 4月 2007

浴衣から始まる恋もある

 (←写真は昨年の浴衣撮影会より)
驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・
GWをあけると浴衣のお誂えシーズン
そのため、私は毎晩ご案内状文をひねっています・・・ 
行き詰って検索していると、JJさんの去年の素敵なタイトルが!
~浴衣から始まる恋もある~
 
「ドキッ!」って、するのは私だけ? (^^)
===========
浴衣は未だに社会のニーズにに会わせ、
変化・成長し続けている、着物でも珍しい部類。
だから「夏着物」※という発想も生まれたのでしょうね。
(※夏の着物として、襦袢(衿)をつけ、名古屋帯で着ること。
浴衣よりもぐっとフォーマル度が増すので、お出かけ可能な範囲が広まります)
IMGP2889.JPG
私も、浴衣の将来の方向付けに、主体的に関わりたい
そう願い、今年の浴衣展示会の案を考えています。
(高級浴衣の代名詞 日本橋 竺仙さんは毎年浴衣の発表会を1月に行います。)
以下、お恥ずかしながら、本年の浴衣フェアをご案内を続けさせていただきました。
私のスタンス、感じていただけるかな?
(着物・浴衣の本来の伝統を知ってもらいたい。
伝統を知った上で、現代風な浴衣を選ばれるのであれば、私はそれでOK!と思っています)

~大人の男女のための「ゆかた」~

夏着物・麻・友禅・本染め・手縫い

今年は一歩進んで、ゆかたをお仕立てしてみませんか?
ゆかたや着物の基本は、個人に合わせて、御仕立てすること。
サイズSMLで出来上がっているというのは、近代(西洋)の考え!

お仕立てゆかた
 23,000円~ 
(反物・お仕立て代含む 男女共に)  
浴衣のお仕立ては、まずは反物選びそして、寸法です。
 (店のお仕立て台帳は残っているだけでも三千着以上の記録があります。50年の歴史を感じる私の大切な宝であり、教科書。)
さらに、今年は「着物の醍醐味を知っていただきたい」と、
1日限り、特別な会を開きます。
「着物の醍醐味」それは着物は基本的に1点ものということ。
同じものを大量生産なんてありえないのです。
着物となると大変でしょうから、まずは浴衣でその醍醐味を味わってもらいたい。
そいう発起して、東京友禅染絵師小柳津先生に頼み込み、
ゆかたに先生が絵を描いていただける会を開催いたします。(本当はこのように好きな絵を描いてもらったりすることを「お誂え」と呼びます。)
(過去の先生とのイベント http://2daime.kimono-sakaeya.com/?eid=308821


6月3日(日) 芸者さんが営む秘密の割烹にて (大宮駅から徒歩8分)

「江戸友禅染絵師が描く、
世界で1つの浴衣 お誂え会」


(通常ウン十万というお着物を書かれている先生。最初浴衣といのは、抵抗があったようですが、「こういった若いアイディアも嫌いじゃないんだ」といって、最後はOKしてくださいました!)
先生のお写真や素敵な作品はこちらでご覧いただけます。
その他、浴衣の展示中は以下のようなイベントを開催します。
===============
お誂え浴衣をご注文のお客様には、
いずれかを1つサービスさせていただきます。
6/1 巾着の会無料招待
8/3 撮影会無料招待
7/8 1周年記念の会(半額招待)
============


6月1日(金)
手作り巾着の会

13時~ 要予約
予価 3,000円(お茶とお菓子付き) 
昨年の会の様子 http://2daime.kimono-sakaeya.com/?eid=382005

6月2日(土)
下駄お誂え会

お好きな台に、花緒をおすげします
参考価格5,000円~ (男女共に)
職人さんてすごい、花緒に手をかけて、サイズが分かるの・・・

6月3日(日)
江戸友禅染士が
描く1点ものゆかた

上記参照
参考プライス 反物・絵付け・お仕立て代込みで 5万円~

7月8日(日)
新装開店1周年記念
国際交流ゆかたパーティ

6,000円(お料理・飲み物付き)
昨年の会の模様 http://2daime.kimono-sakaeya.com/?eid=368238

8月5日(日)
外国人カメラマンによる
ゆかた姿撮影会

3,000円(お茶とお菓子付き)

昨年の会の模様 img/2006/08/post_37.html

皆様にぜひ和の伝統文化としての浴衣を知ってもらえれば、幸いです。
ぜひお気軽にお運び下さい!

============
そして最後に心から、6月3日の友禅絵師さんの会の、会場を提供してくださった菊姉さんはじめ、ぼたんさん(私のアイドル!写真の方。めずらしく鬘をかぶった日にお邪魔できた。ラッキー!)に、感謝を表したいです。  こんな素敵なお店を使えて私は果報者です!!
そして、この会に限り、
お運びいただいた方には、二代目仲間のチーズケーキ屋さんるぅ。さんのオリジナル、半生チーズケーキもご試食いただけます!
Como’n bebeさんのチーズケーキはスプーンで食べるの!
本当に今回も、こうやったチャレンジができるのも、
周りの協力のおかげです。
ご協力いただいた皆様のためにも、
ぜひこの会に沢山の方がお運びいただけることを祈ってやみません。
====その他http://event.kimono-sakaeya.com/?eid=524382

Posted in event | 2 Comments »

29th 4月 2007

臨時休業と英語手作りカフェイベントのお知らせ

行楽日和のお天気ですね。
皆様ゴールデンウィークをお楽しみのこと存じ上げます。
弊店では、勝手ながら下記のとおり臨時休業を頂戴させていただきます。
お休み期間: 5月3日(木)~6日(日)

スタッフ一同、お休み期間中は、
それぞれ見聞・世界を広げ、
お休み明けには、
お客様を最高の形でお迎えさせていただきたいと思っております。
(昨年、OPENしていたのですが、暇で暇で、店番しながら昼寝していまして
それならば今年はすっぱりと休もうということに)
何卒ご理解のほど。
====
そして、5月13日(日)母の日に、英語で手作りカフェを開催いたします!
弊店のリサイクル着物地をつかって、
着物姿に似合う、髪飾りをつくりませんか?
ネイティブイングリッシュスピーカーがご一緒いたしますので、
手作りしながら、英語のお勉強も出来ます。
 (今年一番最初の浴衣のお誂えを注文してくれたお得様のクリスが参加します!)
作品は、ご希望の方には母の日用に、ラッピングをさせていただきます!
作品詳細:http://event.kimono-sakaeya.com/?eid=503399
日時:5月13日(日) 母の日  13~17時
場所:弊店にて 
予約不要 
参加費  1000円(お抹茶とお菓子付き) 収益金は全て寄付いたします。

PICT2941-1.JPG 一番最初に「カフェ」と名を売って開催した国際交流は、「六本木着物カフェ」 びっくりするくらい外国の方が集まった・・・六本木はすごい!
そして何よりも思い出深いことは、
沢山の方が助けてくれたこと。
 本当にみんなさまありがとうございました。

Posted in イベント | No Comments »

24th 4月 2007

将来の美人アルメニア大臣と語るフランス大統領選

(値段がつけられない、総しぼりの振袖の前で。 きぬたやさんの展示会)昨日はタテビックと濃密なデート。
築地で二人で落ち合わせた後、私の仕事の都合で、母と合流して呉服の買い付け。
そして、その後は浜離宮公園、最後に母のおごりでディナー!(サンキュー!!初代!)
彼女は、文部科学省の奨学金を得て、博士号にチャレンジ中のアルメニア人。
大変な勉強家で、睡眠時間もほとんどとらないほど。
でも、いったん今日はOFFと決めるとスパッとしている!
息抜きしたい!とSOS発信を送ってくれたので、

朝一番に、彼女の大好きなお寿司のため、築地場内市場へ。
海に接しないアルメニア。
最初は生の魚を食べるのは怖かったらしいが、
今は週に1度は寿司を食べたくなるほど「寿司中毒!」なのと。

(見る魚、見る魚を写真にとるので、「アルメニアで魚図鑑出したら?」と私は大笑い)
なじみがない方もあると思うので、
アルメニアについて私が知っている情報を紹介をさせていただきます!
shinh.png

知っている事1:旧約聖書にあるノアの箱舟が漂着したアララット山が見える

  (現在はトルコ領ですが、以前はアルメニアだった)
知っている事2:ソ連に一度は組み込まれたが、1991年他の国と同じく、独立
知っている事3:世界最強の美人国といわれている

それくらい、、(><)夏にタテビックとアルメニアに里帰り予定なので、またご報告させて下さいね!
昨日はちょうどフランスの大統領選があったので、
そこから政治や経済について話をしました。
ソ連時代、社会主義を経験した彼女。
社会主義から、資本主義経過かしていく過程も体験し、
さらに、ノルウェーと日本という全く2つの国でも生活しているので、
色々な面で政治や経済が見れている!
そこで、彼女に日本がもっと良い国になるためについて、
アイディアを聞いたとところ、
政治や経済政策ではなく、

「精神面」について、改革が必要だと。

会社に長くいることが、仕事と思うような考えを
集団も個人も変えなくてはならないと。


「効率的じゃない!と思うことが日本の組織には多すぎる気がする。」
と。
私も彼女も大学の専攻は人間科学系。

経済とか政治を変えて、それを継続させるには、
集団や個人の価値観を変換することも必要なんだよね~
と二人で同感しました。

そして、もしフランス人なら、決選投票をどちらにいれる?と。
左派ロワイヤル女史!!
とこちらも同意見。
実はねこれが私がノルウェーで勉強をしようかと思って、
5年の計画を練っていたこと。
「女性が政治に入るとどいう影響を与えるのか」
ノルウェーは世界で一番、女性の社会・政治進出が進んでる国。
女性の視点が大きいく影響するからなの?社会福祉や人権が経済より優先とされるのは。
でもね、私はもっと面白いこともノルウェーで発見。
男性らしさとか、女性らしさを社会が強制しないノルウェーでは、

とても女性らしい考えの男性
、反対にに、男性らしい考えの女性が多いこと!!
ノルウェー人男性が女性にアピールするときは、
いかに自分が家庭的かをアピール!
例えば手料理のホームパーティ開催や、
暖炉を手作りするなどなど。
逆に女性は腕っ節の強さが自慢になることも!!
ノルウェーで人気女優になるには、
美貌も、運動神経も必要なんです!
2代目日記では、着付けワンポイントアドバイスポイントを公開しています!
http://2daime.kimono-sakaeya.com/?eid=621182

Posted in 考え | No Comments »

20th 4月 2007

そろそろキモノ道、中級者さんへ ~これだけはもっておけ!~

私がキモノ生活をスタートさせること2年。
毎日着ているので、いっぱしにみえているらしい(?)が、分からいところだらけ (><)
それを支えてくれたのが、母の経験からくる指導。
私がまずキモノでお出かけするようになった2年前、

必ず風呂敷に入れて持たせてくれたのが雨具。

お友達が雨具を持たずに外出をして、
キモノがぐちゃぐちゃになったとがっかりしていたのをみて、
「そうだ・・。私のように近くに着物エキスパートの支えがない方のために、
何を用意すべきがお知らせできたらいいな」
っと思い、今日はブログを書きました。
~掟その1~

降らずとも雨の用意

利休七則ではありませんが、
絹の着物は湿気を嫌います。

雨にぬれると、しみになったり、バイヤスがかかりたるみます。

(お肌みたい? そうです、絹は人間の皮膚にとても近い繊維)
だからね、雨コートと雨靴はぜったいに、用意しておきましょう!
 雪でも私は着物でお出かけをいといません。それにはこのような雨用の草履&雨コートがあるから! 写真は店のリサイクルのレインコート 8000円 です。 今後またご紹介をしたいと思っていますが、雨コートらしくない、コートのお誂え、お勧めです!
~掟その2~

いい帯締めは着崩れを防ぐ

 
着物の装備品で、装飾性以上に機能性を求められるもの。

その筆頭が帯締め
(テレビ氷点から この飯島直子の着物姿をみて、「水色の帯締め!!欲しい!」と、職人さんに同じものを作ってもらったのに、母がお客さんに売ってしまった・・・半年待ったのに。。。 
商いの面が母という面より強いのがうちの初代。七五三の私のお祝い着も神社にいく前日に売られてしまったっけ・・・)
帯の形を支えるため、一番上からら、きつく縛ります。
これがゆるむと、帯がほどけきてしまいます。
弊店で買い上げている帯締めは、日本製。職人芸・職人の心意気・・・どうしてか分かりませんが、日本製は絞めやすく、ほどけにくい!

 組紐といえば、野澤屋!といわれる野澤屋さんの風景。このタンスの中にはたくさん組みひもがいっぱい。「美しいキモノ」や「婦人画法」などの商品掲載常連さんです。
野澤屋さんは弊店とは50年のお付き合い。
銀座の越後屋さん(超老舗有名店)が商品を見に来ていても、
私が購入に行くと、会長、社長、もう一人の社員、つまりうちと同じ3人のスタッフ全員が、
「へ~ さかえ屋のこいさんが こなに大きくなっただ~」
と越後屋さんそこのけで、構ってくれてます。 (小が大に勝つ!と、ちょっと心の中で優越感)
お邪魔するたびに何千という組紐をみて、改めてキモノの奥の深さに感動してしまいます。
たった数センチの幅にこめられた、職人の技術が生み出す模様や色彩・・・
左の写真は組紐の作成風景。このように手作りは一番! 安物をたくさん買うよりも、いいもの買って欲しいなあ。
(現在弊店では、これらの袷用の組みひも2割引。
 通常でも銀座やデパートよりもお手ごろに販売していますので、
高品質な帯締めが4000円~ご案内させていただきます!)
~掟その3~

おしゃれは足元から!はキモノも同じ

草履も、やはりね。。。お誂えが一番なんです。
好みにも合いますし、品物がいいから、歩いていて疲れない。

このように台の生地をえらんで、好きな鼻緒をすげてもらう。 
職人さんはすごい!「23cm」といえば、手を入れただけで、そのサイズかどうか分かってしまう!!
 母がこよなくあいす某草履屋さんは銀座の芸者さんの御用達。
一番はお客様をご案内させていただくことなのですが、
なかなか皆さんお忙しそうなので、その際は私たちがお見立てさせていただいています。
現在は母と私で口論しながら、決めた3足の
さかえ屋オリジナルの夏にも履ける草履をご用意させていただきました。
つぼが赤ではなく、朱色なの!台はひかえめに光るクリーム。 そして鼻緒は一見すると籐で案であるかのようで・・・ (写真撮り忘れた、、、ごめんなさい(><))
これは私の今年の浴衣用の下駄をすげてもらっている風景! 竹の台に、ストライプの鼻緒がイナセでしょ? こちらの職人さんには弊店の浴衣フェアで実演をしていただく予定でおりますので、ぜひいらしてくださいね。 (草履の職人さんとはまた別です。本当にキモノの職人さんは細分化されています。その細分化が、技を深くさせるんでしょうね)
!!気がつけば、今日もたくさん長く書いてしまった・・・
読んで下さってくれた皆さん、お付き合いをありがとうございました!
そしてよかったら今日の初代も!
これはと~~~~ておきの 「 初代 レスキュー隊 に 救われる!? 」編です!!

Posted in special | 6 Comments »

15th 4月 2007

写真発表!

3月に開催された二つのイベントの
お宝画像を公開させていただきます!
いずれもいつも撮影をお願いしいている
RajとDavidによる撮影です! 
3月3日お雛さまの会
 当日はチーム牡丹さんによる和楽のプレゼントが!
その他の写真はこちら http://picasaweb.google.co.jp/kahori.ochi/GirlsPartyAt3rdOfMach2007
このイベントによるチャリティー収益金は、おひな祭り、女性のパーティということで、
東京強姦救護センターへお納めいたしました。感謝状>
http://2daime.kimono-sakaeya.com/?cid=33813

3月25日お花見お茶会&撮影会

その他の写真 http://picasaweb.google.co.jp/kahori.ochi/OhanamiInOmiya
 この当日、石川県で大きな地震があり、未だに日常を取り戻せない方もいらっしゃられます。そのため弊店では、チャリティーの着付けのワンポイントアドバイスの会を開催いたします。よければぜひお運び下さい。
詳細:img/2007/03/post_105.html

Posted in event | No Comments »

10th 4月 2007

2007年度 さかえ屋事業計画&個人目標設定

達成感を得て、
より充実した人生をセルフプロデュースするためにも、
計画を立て、目標に向かうことは、大切なのかもしれません。
そこで、勝手にお店さかえ屋呉服店の事情計画と、個人目標設定!
事業計画
・つぶれない。(49年目を今年迎えます!)
・叔父さんの社用社(現在200万キロ乗ってます)を新車で、
 しかも今より良い車種(現在カローラ)買い換えられるようなくらいの利益を出す。
・1ヶ月に1度のイベントを開催。新しいお客さんにお店を知ってもらう。(認知度アップ)
・海外のお客さんへの対応の整備。
・リサイクル品だけではなく、お誂え・悉皆などバランスよく販売をしていき、
 お客様と関係を含めていこう。
個人目標
 初代(母)・・・初めての海外登山実地!そして友達を作ろう(仕事と関係ない?!)
         お客さんに「安くしてあげる」など上からものを言う言葉使いを改善
         (悪気はありませんが、高度成長を体験しているので、、つい強気に) 
 専務(叔父)・・忙しすぎて、文句を言うのはやめよう。
          暇すぎて、文句を言うのもやめよう。
          外国人のお客さんが来るとすぐに、逃げてはいけない。
 二代目(私)・・着物の知識を増やそう
          初代と喧嘩をしない
          
          ホームページを週1回は必ず更新する  
 
年間スケジュール

4月  リサイクルの単衣・夏物を棚だし(終了しています!ぜひ品薄なので早めにいらして下さいね) 
    イベント:4月22日能登半島地震チャリティー 「着付けワンポイントアップ」
5月  小千谷縮&単衣、夏物新品をご案内
         ~2004年新潟県中越地震からの小千谷復興記念~
     イベント:5月13日(日)着物地で作る手作りの会
6月  お誂えのよさを知ってもらうための
                ファーストステップ 浴衣
     イベント:6月1~3日 浴衣特別ご案内の会
      
      1日 浴衣にぴったりの手作りバックの会 
      
      2日 下駄職人さんよる挿げの実演
      
      3日  友禅染絵さん実演 浴衣に絵入れ
  
    6月25日祝移転後1周年です。
   ホームページには古い店の写真のままなのでごめんなさい。
   こちらが新しいお店の外観と内装です。ぜひ遊びにいらしてください!
   現在初代の初海外登山旅行との兼ね合いを見計らい、
   1周年記念パーティを計画中。
  昨年、旧店舗のお別れ会で、外国の方をお招きして開催した
  「着物からみる戦後復興」というような話を
  さらに深く掘り下げ、母と二人で英語と日本語でお話し、
  「戦争と平和」への感心を高めていただければと思っています。
  
  (昨年の浴衣姿撮影会から! 2番目の写真は弊店で開催をした、長板本染め浴衣をお誂えしていただいたお客様です。やはりいいものは違う!)
      
7月   浴衣の引き続きご案内
    イベント:浴衣撮影会 IN TOKYO
8月  浴衣の引き続きご案内
   イベント:浴衣撮影会 IN OMIYA
9月  単衣のご案内 
  イベント:8月に繰上げをして、 「浴衣で国際交流パーティ」
※今後撮影会、イベント等などは弊店のお客様優先のご案内とさせていただきます。
   
 以降  まだ未定・・
と・・・実は色々書いたのですが、
本当に私がやりたい!と思っていることは
英語のブログで書きました。http://english.kimono-sakaeya.com/?eid=330620
日本語で書くと、まだまだ反感を買うのでね・・・
日本人らしく、慎ましやかに申し上げるならば

消費者の思いと、
作り手の思いを
的確につなげられるお店

だけが残れる、だから今年はその足がかりとなる1年としたいと思っています。
アイルランド行きもないことですし、
今年度も着物を通し、色々なチャンレジをさせてもらい、
自分をもっと良く知って生きたいと思っていますので、
どうかよろしくお願いいたします!
(明日、母と叔父に伝えないとな~ 事後報告の事業計画!?)

Posted in special | 4 Comments »

07th 4月 2007

カメルーンは、経済より人道支援がお好き?

カメルーンから日本にようこそ Ojuku!
Ojukuはノルウェーで同じ学校に通ったお友達。 
アフリカのミニチュアとよばれるカメルーンから、
JICAの災害対策プログラムで現在日本に滞在しています。
同じくノルウェーからの友人で、
筑波で勉強中の友人アルメニアのタテビックと、
歓迎使節団を急遽作成、
本日、お台場を案内いたしました!
 ずーーと、オジュクは「These area are too nice!」と言ってくれ、
今まで個人的な趣味でお台場をあまり外国の友達に紹介していなかったことを反省。
「そうだよな・・・こういう場所って他の国にはめったにないよな・・・
埋め立てで、色々な企業が別々に大きな商業施設を建てていて
一生に一度しか日本に来られない人も多いのだから、自分の趣味を押し付けちゃいけないな~」
気がつけばずーーーーと写真をとっているオジュウク・・・
「写真はもう終わりにして話そう!」ということで、
オジュウクに聞いたノルウェーと日本の環境政策の違い!(オジュクは環境や地理の研究者です)
ノルウェー、オスロ大学での専攻は「環境と開発」だったオジュク。
「持続可能な開発」を発表した国らしく、
いかに自然を守りつつ、開発をしていくかをノルウェーでは学んだはず!
それがなぜ、日本の経済最優先の開発(と、私には思える)を勉強しているの!?
開発によって汚染が起き、自然の生態系が変わったり、
住民達が強制的に引越しをさせられているのを知っていのかな?
やはり・・・オジュウクにはJICAからのそいうったマイナス面のアナウンスはなかったようでした。
私が話をすると「かほりは馬鹿?」と鼻で笑われちゃった・・・(T T)
いいところだけピックアップをして、案内をすることが本当に良い事なのかな?
真実を捻じ曲げてない?と私には疑問に・・・
でもね、最後には!
お互いの考えは一致。
「経済より人道支援が重要」
私の考えるノルウェー像「全てのものの前に人権がある」という考えに、
共感&支持をしてくれました。
でも、一方で私の日本像「全てのものの前に経済がある」という考えは否定。
Ojuku「だってかほり、もしそれが本当だったら、日本人の人がこんなに楽しそうにしているのは何故?」
そうだよな・・・
お台場で仲むつまじいカップル、家族、友達たち。
この笑顔は強い経済、そして安息する場があるからだよね。
ありがとうね、オジュク日本に来てくれて!
明日は選挙。今後の将来はどうなるのだろう?
これから大人なになる子供達には全く罪はないのですから、
子供達のためにも未来に自然や伝統を残せる国になったらいいな。
そしてそれの経済発展と自然の調和をどうすればいいか、
ということを、アフリカの地からぜひOjukuに発信して欲しいな。

Posted in 考え | 2 Comments »

04th 4月 2007

「言」と成し、負とする日本、正とする西洋

いよいよ新年度!
サラリーマン時代に学んだことで、
良かった所は続けていこうと

「事業計画表と目標設定」を作ろう!!
 (Jのみなさんいまだに「目標設定シート」ってある??)
そして、コミットするためにここで発表しようと!と思っていたのですが・・・
その前に、最近ブログに色々コメントをいただけたことが、
とても嬉しいく、私なりにもっと深くお答えできればと思い、
今日のブログを更新しました。
コメントを拝見させていただくと、
西洋と日本文化の違いについて

お話してくださっていることが多い気がします。
そこで、私が日本文化をうまく表現されているなあ、
と思った言葉をある茶花の先生が発していたので
紹介をさせていただこうと思いました。
それは・・・
「言葉は負になる」


言葉を語らずして、意思を伝える。
茶道にしても、日本文化は
型を意思の表現にし、
言葉を最大限に排除しています。


(写真はお花見の茶会から。Davidサンキュー!)
言葉のあるところには、衝突が生まれ、
衝突をさけ、調和を良しとする
という日本の倫理感を現している・・・

と、毎週のお茶のお稽古で思わされます。
一方・・・
以前のコメント欄にも書いたのですが
西洋の倫理の代表聖書にはこう記されています。
「初めに言葉があった」
聖書はおそらく「言葉」は危険だから、使用を注意しろ
と述べていると思うのですが、
さらに進んだ解釈が社会に生まれ、
以下の考えも根強いと思います。

「言葉を交換(議論)することから、改善が生まれる!」

だから「懺悔」や「許し」という発想もあるのでしょうし、
「議論と人格は別」
と説いてくれたイタリア人ジャーナリストの言葉は、
まさにそれを表してるのじゃないかな?
この件を考えていると、
ノルウェーの講座で発表したあるエッセイを思い出しました。
それは・・・
あきらかに教授の意見の批判も含んでいるのでが、
発表後、教授から「ブラボー」と拍手をされたのです。
他の生徒からは批判や共感で握手を求められ・・・
発表しても感想が戻ることが少ない日本社会、
そして上にむかってつばをはくと、
もどってくることが多かったサラリーマン時代。

びっくりやら、とっても嬉しいやらで・・・
価値観の転換があった出来事でもありました。
その渾身のエッセイには、
初代からの「戻ったら、即お見合いで結婚!大作戦」プレッシャーと、

英語ができなくて何が悪い!
という私の開き直り、
さらに、日本のインターネットサイトの優位性(今はまた違う考えが芽生えてますが)
などなどを書き記しました。よかったらのぞいてみて下さい>

http://english.kimono-sakaeya.com/?eid=338247


本当に本当に一生懸命書いたエッセイ。(写真は、バケーション中寮ではご飯がでないので、セブンイレブンでかったランチボックスと猛勉強風景。このパスタランチで900円くらいします!物価高すぎ・・・)
こんなに英語が上手にかけているのは、
何度もお礼をいっても足りないくらい
同室のキャサリンのおかげです。
キャサリンに最初にこのエッセイを見てもらった時のこと、今も忘れられない・・・
「かほり! オピニオン(意見)がオニオン(たまねぎ)になってるよ!!」
(右から二人目がキャサリン。みんなが羽織をメールオーダーしてくれました。左の写真は「初体験!」1つの部屋、しかもこんなに近いベッドでの長期の共同生活。最初はなれなかったけど、自然とキャサリンがいないと不安で寝られなくなるまでに。もうひとつの写真はお寝坊さんして、朝食に遅れたら、キャサリンが作ってくれたマートパッケ(ノルウェー語でサンドウィッチのお弁当みたいなこと)。他者への労わりの精神は世界共通!)


そして、今日は母が以前取材をしてくれた朝日新聞の記者さんに
今度の選挙について取材を受けました!
これにも、戦前世代の価値観には
今の選挙制度って向かないかもな~
と思ったことがあったので、これは近くお店の「二代目日記」で発表させてくださいね!

Posted in 考え | No Comments »