30th 4月 2007

浴衣から始まる恋もある

 (←写真は昨年の浴衣撮影会より)
驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが・・・
GWをあけると浴衣のお誂えシーズン
そのため、私は毎晩ご案内状文をひねっています・・・ 
行き詰って検索していると、JJさんの去年の素敵なタイトルが!
~浴衣から始まる恋もある~
 
「ドキッ!」って、するのは私だけ? (^^)
===========
浴衣は未だに社会のニーズにに会わせ、
変化・成長し続けている、着物でも珍しい部類。
だから「夏着物」※という発想も生まれたのでしょうね。
(※夏の着物として、襦袢(衿)をつけ、名古屋帯で着ること。
浴衣よりもぐっとフォーマル度が増すので、お出かけ可能な範囲が広まります)
IMGP2889.JPG
私も、浴衣の将来の方向付けに、主体的に関わりたい
そう願い、今年の浴衣展示会の案を考えています。
(高級浴衣の代名詞 日本橋 竺仙さんは毎年浴衣の発表会を1月に行います。)
以下、お恥ずかしながら、本年の浴衣フェアをご案内を続けさせていただきました。
私のスタンス、感じていただけるかな?
(着物・浴衣の本来の伝統を知ってもらいたい。
伝統を知った上で、現代風な浴衣を選ばれるのであれば、私はそれでOK!と思っています)

~大人の男女のための「ゆかた」~

夏着物・麻・友禅・本染め・手縫い

今年は一歩進んで、ゆかたをお仕立てしてみませんか?
ゆかたや着物の基本は、個人に合わせて、御仕立てすること。
サイズSMLで出来上がっているというのは、近代(西洋)の考え!

お仕立てゆかた
 23,000円~ 
(反物・お仕立て代含む 男女共に)  
浴衣のお仕立ては、まずは反物選びそして、寸法です。
 (店のお仕立て台帳は残っているだけでも三千着以上の記録があります。50年の歴史を感じる私の大切な宝であり、教科書。)
さらに、今年は「着物の醍醐味を知っていただきたい」と、
1日限り、特別な会を開きます。
「着物の醍醐味」それは着物は基本的に1点ものということ。
同じものを大量生産なんてありえないのです。
着物となると大変でしょうから、まずは浴衣でその醍醐味を味わってもらいたい。
そいう発起して、東京友禅染絵師小柳津先生に頼み込み、
ゆかたに先生が絵を描いていただける会を開催いたします。(本当はこのように好きな絵を描いてもらったりすることを「お誂え」と呼びます。)
(過去の先生とのイベント http://2daime.kimono-sakaeya.com/?eid=308821


6月3日(日) 芸者さんが営む秘密の割烹にて (大宮駅から徒歩8分)

「江戸友禅染絵師が描く、
世界で1つの浴衣 お誂え会」


(通常ウン十万というお着物を書かれている先生。最初浴衣といのは、抵抗があったようですが、「こういった若いアイディアも嫌いじゃないんだ」といって、最後はOKしてくださいました!)
先生のお写真や素敵な作品はこちらでご覧いただけます。
その他、浴衣の展示中は以下のようなイベントを開催します。
===============
お誂え浴衣をご注文のお客様には、
いずれかを1つサービスさせていただきます。
6/1 巾着の会無料招待
8/3 撮影会無料招待
7/8 1周年記念の会(半額招待)
============


6月1日(金)
手作り巾着の会

13時~ 要予約
予価 3,000円(お茶とお菓子付き) 
昨年の会の様子 http://2daime.kimono-sakaeya.com/?eid=382005

6月2日(土)
下駄お誂え会

お好きな台に、花緒をおすげします
参考価格5,000円~ (男女共に)
職人さんてすごい、花緒に手をかけて、サイズが分かるの・・・

6月3日(日)
江戸友禅染士が
描く1点ものゆかた

上記参照
参考プライス 反物・絵付け・お仕立て代込みで 5万円~

7月8日(日)
新装開店1周年記念
国際交流ゆかたパーティ

6,000円(お料理・飲み物付き)
昨年の会の模様 http://2daime.kimono-sakaeya.com/?eid=368238

8月5日(日)
外国人カメラマンによる
ゆかた姿撮影会

3,000円(お茶とお菓子付き)

昨年の会の模様 img/2006/08/post_37.html

皆様にぜひ和の伝統文化としての浴衣を知ってもらえれば、幸いです。
ぜひお気軽にお運び下さい!

============
そして最後に心から、6月3日の友禅絵師さんの会の、会場を提供してくださった菊姉さんはじめ、ぼたんさん(私のアイドル!写真の方。めずらしく鬘をかぶった日にお邪魔できた。ラッキー!)に、感謝を表したいです。  こんな素敵なお店を使えて私は果報者です!!
そして、この会に限り、
お運びいただいた方には、二代目仲間のチーズケーキ屋さんるぅ。さんのオリジナル、半生チーズケーキもご試食いただけます!
Como’n bebeさんのチーズケーキはスプーンで食べるの!
本当に今回も、こうやったチャレンジができるのも、
周りの協力のおかげです。
ご協力いただいた皆様のためにも、
ぜひこの会に沢山の方がお運びいただけることを祈ってやみません。
====その他http://event.kimono-sakaeya.com/?eid=524382

2 Responses to “浴衣から始まる恋もある”

  1. 鈴木 洋 Says:

    お久しぶりです。
    浴衣は、僕にとって買い易い着物の一つ。昨年は国内・海外で自分も楽しめたし、周りも楽しんでくれた様子。
    今年は、何種類を着てさまざまな自分自身の変化を楽しみたいと思っています。
    僕にとっては、結構ラフに気分次第で着替えられるもの。
    帯との組み合わせなど、一般の感覚で安く出来るので、今年は周囲の人にも勧めながら浴衣をもう一つ踏み込んで楽しみたいと思います。
    頑張ってね!!

  2. 越智 香保利 Says:

    こんにちはヒロさん
    先日の人道支援に続き、
    コメントをとありがとうございます!
    ヒロさんも good luck!
    浴衣を楽しんでください。
    ではさようなら

Leave a Reply