15th 5月 2007

ヘンテコメールのお詫び&お別れ

事件は5月13日20時55分発生。
「しまった!」と思ったときにはすでに遅し、
おそらく200名近くの方々に、
あやまったメールを出してしまったのだ。
そのメールの正体はこんな感じ
===================
Hey kahori ;)
http://www.hi5.com/register/F8RiG?inviteId=A_600c****

Kahori
===============
シンプルで内容が分からないところが不気味・・・
これは、hi5という外国版のソーシャルネットワーク
(MIXIのようなもの)の招待状。
外国のソーシャルネットですごいところは、
つかっているメーラーを自動的に読み込み、
登録してあるメールを見つけ出してくれ、
友達認証をすぐに行えるようにしてくれること。
(MIXIも負けるな!!)
そして登録していない人には、
招待状をいっせいに出せる機能がついている。
それを「ポチ」っとなっとクリックしてしまったのだ。
そして、あちらこちらから「これはなに?」というメールやお電話が・・・
ギャグがきいたところでは
「メールが英語に文字化けしているよ」
「なりすましメールがきたよ~」
「ウィルスが送られた!!」
などなど、ご連絡をいただき。
冷や汗もの・・・

本当に本当に驚かせてしまい、またご迷惑をおかけして、
申し訳ありません!! ごめんなさい・・・・

そして、私はgmailを主力で使っているのですが、
このgmailもすごい。
一度私がメールをだすと、
自動的にアドレスを登録してくれるの。
だからアドレスにあった友人だけならまだしも、
お客様、前の会社のお偉いさん、大学の教授、ビジネスパートナー、お茶の先輩
にも、同メールが配信されたのだ。
恥ずかしい・・・
弁明の余地もありません。
私の英語の読み間違いで、こうなってしまいました。
本当に驚かせたみなさん!ごめんなさい~~~
hi5とgmailともにアメリカの企業だが、
びっくりの機能がついている。
日本のようにビジュアルにみせることよりも、
機能を充実されることに力を注いでいることが良く分かる。
言葉が違えば、思考の組み立て方も違う。
英語を使う方はとても論理的だが、
それがインターネットにも現れていると、
外国人のプログラマーとかと話すと良く分かる・・・
=====================
お別れ
お友達達が次々に外国に旅立っていく
昨日は日本とカンボジアの将来の方向性を
研究するために旅立つ女友達とお食事。
第3国に、仕事で旅立つ君に、心打たれた・・・
そして結婚で二人の仲良しの女友達が
それぞれアメリカに永住・・・
共に次の一瞬をともにしたいと思う人が
アメリカ人だったのだ。
人生のベストパートナーが見つかって何より!
友達としてとても嬉しい!!
さらに、いつも手作りの会をお願いしているMIKIKO先生も
ロンドンへ9ヶ月のデザイン修行。
英語で学ぶことは大変だろうけど、
英語だけなら日本で学べるし、
同じ目標の友達できるので素晴らしいと思う。
応援している。
最後にもう一人、前にも話したが、
ノルウェーの奨学金ゲットした友。
デンマーク研究の君だったので、
びっくりしたが、
EUに加盟するデンマーク、
非加盟のノルウェー、
同じ北欧でどう生活が違う教えて欲しい。
あきらかにスーパーに並ぶ
食材はノルウェーのほうが品数が少ないからね。
今年の初めまで、
私が自分で海外に長期で行くつもりだった。
それが今は私が見送る立場にある。
うらやましいとかそいう思いはない。
それは沢山のチャレンジ、
掴み取ろうとする努力をして
初めて、
幸せとはもっと原始的なとこにあるのだ
思えるようになったからだ。
私のような人間は
行動して、経験しないと、
きっと一生納得しないかったのだろうな。

2 Responses to “ヘンテコメールのお詫び&お別れ”

  1. しげしげ Says:

    もう!ビックリしたぞ~。突然の英文字だったから(^^;)
    何か悪いことしたかなぁ・・・・・って(^^;)ハ八ッ。許す!

  2. 越智 香保利 Says:

    本当にごめんね・・・
    しばらく生きた心地がしなかったよ。。。

Leave a Reply